アイアイラーメン店主が日々のことを書いてます。
by aiaira-men
2006年 09月 06日 ( 2 )
人生観が変わる
お客様の声ノート №36 僕のぺージより転載
 今朝は皆与志のあさひが丘学園に行ってきました。
道中、約50分、しかも以前1回、行っただけで自分からしてみれば秘境のような地
4回違う道へ迷って入り、とんでもない山奥へ
「あぁ~こんな時、カーナビという今、流行のものがあれば」と
ないものねだりをしてしまいました。
だだっぴろい園内、作業所、宿舎、1時間半位かけて見学させて頂きました。
食堂も見学しました。
ちょうど、給食の時間の準備、青々した野菜など並んでいる。
指導員の方に「もしかして、この野菜、園生が作ったものですか?」と尋ねると
やっぱりそうでした。
そしてずっと歩いていると、コンクリートのブロックを作る作業所
行くと今度アイアイに来る園生達、あいさつしました。
そしたら「わぁ~おじさんゴリラがきた」「おもしろい頭」と
10人ぐらい自分に寄ってきて
自分の頭を「気持ち、いぃ~」と言ってなでまわすわ、抱きついてくるわ
おっぱいをつまんでさわってくるわ、「プロレスラーだ。」と大声で
大騒ぎでした。
みんな笑ってですが、自分も楽しく大笑いでした。
それから、寮にも案内してもらい、ほとんどの部屋、TVが1台あり
DVDがあったりプラモデルや本、漫画があり几帳面に並べてある部屋。
 思わず涙が出てきました。
僕自身、もっと強く生きなければと涙が溢れてきました。
毎年、1回ですが貴重な体験、ありがたいです。
帰りに思ったのですが、自分達の健康、普通に喜びを感じ、悲しさ、楽しさ、
友達、家族、仕事、車の運転、ちょっとした、たまに、ぜいたく
ありがたい、活(生)かされているという実感、感謝です。
皆さんとも一緒に、見学したいです。
きっと、人生観が変わるでしょう。
なんで自分ばっっかり、とか、多分思えなくなると思います。
だってハンディを持っている人が前向きに一生懸命、
声をあげて生きているのだから…。
毎日、生きて、命があることに感謝しましょう。
[PR]
by aiaira-men | 2006-09-06 03:15
1人の力
お客様の声ノート№36 僕のページより転載
 1人の力の大きさをすごく感じる一日でした。
昼、夜と1人ずついつもより少ない勤務体制。
そしたら昼ごろ、ひょっこりKさん登場
「あれっ、今日は休みだよ!」と言うと
「忙しい時間だけでも、手伝いに来た♪」という。
心意気、凄くありがたいでした。
ひまだろうと思っていたのに、途切れなくご来店くださるお客様!
もしKさんがいなかったら、休憩も行けず、とんでもないバタバタだったと思います。
"みんなは、1人の為に、1人はみんなの為に"
よく心にしみる一日でした。
 朝礼には、突然、出現した「沖君」も参加しました。
嬉しかった。ちょこちょこ来てくれます。
だれでも気軽に立ち寄れる"店"なんかいいですね。
"間口は広く"が僕の信条です。
[PR]
by aiaira-men | 2006-09-06 02:04