アイアイラーメン店主が日々のことを書いてます。
by aiaira-men
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
あさひが丘学園様からの手紙
 大きな封筒が届き、手紙、絵、額がはいっていました。

「開店4周年 記念イベントへのご招待お礼について
 さて、先日はアイアイラーメン開店4周年記念イベントへの
ご招待をいただきまことにありがとうございました。
スタッフの皆様の心のこもったおもてなしを受け、招待していただいた利用者をはじめ
支援員一同、心に残る楽しいひと時を過ごすことができました。
 当日、頂いたラーメンの美味しさは格別で、利用者の皆さんが麺を頬張る時の笑顔や、
嬉しさを身体で表現していた姿が忘れられません。
 また楽しいバルーンアートやお土産まで用意していただき誠にありがとうございます。
短時間で大人数のラーメンを準備してくださった店長様をはじめ、
利用者皆さんとと同じ目線まで腰を下ろし、言葉を掛けてくださったスタッフの方々、
皆様の優しさに深く感銘いたしました。
 今回ご縁がありお話を伺った時から、訪問する日を楽しみにしておりましたが、
スタッフの皆様の常日頃からの仕事に対する思いや、愛されるラーメン作り、
周囲の人々への感謝の気持ち等々、業種こそ違いますが、
私ども福祉サービスを提供する者として、
心のこもった「本当のサービス」を知ることが出来たと感じております。
皆様のよううな方々が障害を持つ方々の良き理解者として
支えてくださいますことを有難く思います。
 言葉は足りませんが、久留様をはじめスタッフの方々の、
ご健康とご活躍を今後も祈念いたします。
 尚、利用者の方々よりスタッフの皆様に、お礼の手紙と絵を預かりましたので同封いたします。」

 中には利用者の方々が書かれたお礼の手紙とたくさんの絵、
それに皆さんで書かれた寄せ書きが「額」に入れてありました。
「おいしかった。」「また食べに行きたい。」など
1枚、1枚に喜びが、心のこもった言葉がそのまま書き連ねてありました。
それを見て「あ~、ご招待して良かった。」と嬉しさがあふれてきました。
胸にジーンと、熱いものがこみあげてきました。
スタッフも絵を1枚1枚、手にとりながら泣いていました。
「よ~し、来年に向けて頑張るぞ~。」
来年、どんな方たちとの出会いがあり、素敵な笑顔に出会えるか、楽しみです。
1年に1回、ずっ~と続けていきたい!
僕の自慢のそして大好きな素晴らしいスタッフ、同士と一緒に…。
[PR]
by aiaira-men | 2006-09-19 00:25
<< 明日は店休日、鰹節工場の見学へ! ラーメンスープを捨てる! >>